警備員でも英語が必要?英語対応は外国人人材の活用がおすすめ

警備業
英語を話す人

日本に住む外国人は年々増加しており、働いている外国人はもう珍しくもなくなりました。

労働や観光など日本を訪れる理由は様々ですが、年々増え続ける外国人に対応する為に、英語力は今後重要なスキルになるでしょう。

外国人とスムーズにコミュニケーションを取るためには、英語が話せる事が大切です。
英語が役立つ業界はたくさんありますが、警備業界もその中のひとつです。

英語ができる警備員の需要が増加

日本に集まる外国人

日本に来る外国人は増加傾向にある為、英語を話せる警備員に活躍の場が広がっています。

警備員は施設の案内や、困っているお客様を助ける役目もあり、外国のお客様が増えている現状では、英語が話せる事が大きなメリットとなっているのです。

外国のお客様をおもてなしするには、英語の話せる警備員は非常に重要な存在で、需要が増加しているのです。

英語が活かせる警備業

警備をしている人

それでは、英語が活かせる警備員の仕事にはどのような職場があるのでしょうか?

施設警備

施設の内容にもよりますが、外国人が多く訪れる施設の警備は英語を活かす事ができる職場の一つです。

商業施設やビルなどには仕事などで訪れる外国人が沢山います。道で迷ったり目的地にたどり着けず困っている人も居るでしょう。

そんな時は英語で案内できる警備員が居ると活躍する事ができます。

空港警備

空港警備は空港内の安全を守るやりがいのある仕事です。
また、多くの外国人が出入りする為、英語でのコミュニケーションが必要な職場です。

お客様が安心して飛行機に搭乗できるように、不審人物に目を光らせ、安全の確保に努めなければなりません。

ときには外国の人に声をかけられる事もあるでしょう。英語が話せる事で円滑にコミュニケーションを取る事ができます。

交通警備員

交通警備員として働くにしても英語が話せる事が有利に働きます。
特に外国人が多く訪れる観光地や、施設周辺の警備は英語が話せる人材が必須と言えるでしょう。

施設や会場までの道案内をスムーズに英語で行えると外国の方からの印象も違ってきます。
外国の方を歓迎するという意味でも、英語でコミュニケーションを取るのは特別な意味があるのです。

まとめ

今回は警備員の仕事で、英語の必要性について紹介をしていきました。

警備員は「人と話したり、コミュニケーションを取る必要がない」と考えている人も居るかもしれません。

しかし、会場や施設によっては英語でのコミュニケーションが必要となる事もあります。
英語を流暢に話せる日本人はあまり多くない為、人手不足の警備業界では採用が難しいかもしれません。

そんな時は、外国人人材の活用を検討してみてはどうでしょうか?
外国人を採用する事で英語でのコミュニケーションと、人手不足を同時に解決する事ができるのでおすすめです。

外国人人材ならA global harmony

A global harmony

外国人の採用なら「A global harmony」にお任せください。A global harmonyは多くの外国人に支持されている求人サイトです。

日本語がスムーズに話せる外国人人材が多数登録しているので、コミュニケーションでの不安を感じる必要はありません。

外国人の採用をお考えならA global harmonyにお気軽にお問い合わせください。

雇用でお悩みの企業様へ

人材不足はさらに激化します。外国人採用をスタートさせましょう!

労働力不足を解決する場合にも、優秀な人材を獲得したい場合にも、外国人採用は非常に有意義な選択肢です。初めての場合でも、私たちがサポートしますので、ご安心ください。

外国人採用について